×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


卓上電動工具類


DIYに使う工具類です。

プロ用は高いので、DIY用の物が売り出しで安くなったときにゲットしています。
そのため、ホームセンターの広告は常に隅々チェック!!

卓上ボール盤

レクソンのRDM−50です。
近所のホームセンターで¥4,980で購入しました。

小さいとはいえ、結構な重量ですから使う度に出し入れするのは大変・・・工房が欲しいなー
糸のこ盤

パワーソニックの糸のこ盤です。
以前使用していたレクソンの糸ノコが壊れたため、買い換えました。

自分の木工用にも使いますが、子供に工作の楽しさを体感させたいと思い購入しました。
怪我をしても指を落とす事はありませんので・・・
両頭グラインダーです。

刃物の研ぎに使用します。
ナカトミ産業の自動カンナ盤APL-121です。

デルタにするかこれにするかさんざん迷ったあげく、これに決めました。・・・理由は価格です。消費税、送料込みだと1万円もの差がありましたので、この1万円で他の道具が買えちゃいますからネ
(ちなみに購入価格は消費税、送料込みで4万円でしたので実質3万7千円位でしょうか・・・あと振込手数料420円)

今回より新型になっていますが、メーカーに問い合わせたところ切削幅が15ミリ程広くなっている他は大きな変更はないようです。
今後集塵装置を工夫してから稼働させる予定です。
デルタの手押しカンナです。

これで欲しかった工具は一応揃いました・・・が、次はバンドソーと卓上丸ノコが欲しいなー

手押しカンナと自動カンナを駆使して、色んな作品にチャレンジしよーーっと
切り屑の排出口にはPPシートで箱を作り、掃除機をつなげるようにしました。
乾・湿両用掃除機です。

屋外工房の為、こまめに掃除していないとゴミが近所まで飛び散り、迷惑がかかりますので、必需品です。

しかしながら、自動カンナ等の集塵には容量的に不足している為、サイクロンの自作も検討中です。

サイクロン集塵機を入手したため、現在ほとんど出番がありません。
低電圧溶接機です。

100V仕様で約3ミリまでの鉄板の溶接が可能です。
溶接棒は1.4か1.6ミリの物が使用可能です。

基本的にバリバリ溶接して何かを作るつもりはなく、ザガネにナットを付けたり、チョン付けの為ですので、これぐらいの低容量の物で良しとしました。

今後、バリバリ使うようになったら買い換えでしょうね
テーブルソーです。

手持ちの丸ノコに比べ、より正確に切断が出来ます。
スライドテーブルなどのジグを工夫すれば、大きな材料も安全に切断できます。
本当はもっと高機能のものが欲しかったのですが、値段と収納スペースの問題でこれに落ち着きました。
スライド丸ノコです

2*4材などの直線切りに威力を発揮します。
手ノコのように斜めになることもなく、また手持ちの丸ノコのようにキックバックの心配もありません。

ずーっと欲しかったのですが、なかなか手が出ず・・・そんな時にチラシでコレの特売を発見
某国製ですが、2万円未満で購入できました。

ウッドデッキ製作にはとっても重宝します。
エアーコンプレッサーです

前々から欲しいとは思っていましたが、青空工房では収納等に不便があるため我慢していました・・・しかしこの度工房が完成したお陰でようやく手に入れることが出来ました。
ホコリの吹き飛ばし、スプレー塗装、エアー工具等に使用します。
一応奮発して、2馬力のオイルレス型にしました。
この先、エアータッカー等の工具をボチボチと揃えたいと思っています。
ナカトミの木工旋盤WT−300です

これを買ったのは、あるところから杉の心材を30本ほど頂いたため、旋盤加工でもしてみたくなったのがきっかけです。
ネットで実売2.5万円弱で購入できます。
ちょっとした改良、使い勝手はこちら
ついに買ってしまいました・・
・レクソンのバンドソーBS−10K2

これで欲しかった大物工具は一応全て揃いました・・・と言うより、これ以上、大物の置き場所がないので、新たな物は導入不可能と言った方が正解かも。
これからいじり倒して報告しますね。

詳細はこちら
メタルカッターです。

以前は150ミリの切断砥石を付けて使用していましたが、現在はご覧の通りチップソーに変えました。

不要になった自転車を解体したり、鉄パイプをカットしたりするのに使用します。
これもとても五月蠅いので、騒音注意です。
刃物とぎ機です

1000番の砥石が付いていて、低速回転で良い感じです。
これはシンコーの物ですが、リョービなどでも同様の商品があるようです・・・勿論安いに越したことはないので。
普通の砥石では手の動きで丸刃になりがちですが、これですと、手を固定したままでよいので、研ぎの精度も上がりますよ。・・・と思っていたけど、実際使ってみると、なかなか上手に研げませんね・・・こりゃ、お蔵入りかな

結局、弟の所に弟子入りしました
クロスカットソー

伯父さんの形見でいただいたものです。
勿論古いものだったため、傷や汚れがいっぱい付いていましたが、少しずつ手入れして、塗装してみました。
ブレーキのききが悪いものの、まだまだ頑張ってくれそうです。


トップへ
戻る