×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


BS-10K2

購入してすぐに試し切りをしてみると、何かキーキーうるさい・・・色々なサイトで原因を探してみると・・・何と、ブレードの切れが悪いから発生しているとのこと。
そこで、皆さんに切れ味が良いと評判のヒダオさんのブレードを早速入手、試し切りをしてみると・・・純正品とは比べものにならないほどの切れ味で、おまけに音も消えている。・・・これは良い買い物したなー。
ちなみに入手先はこちら→

それにこれ・・・なかなか使えますわ。
テーブルソーのような恐怖感や騒音もないので、この先出番が増えそうですね・・・もっと早く買えば良かった。

 

 
そしてお次は同時に購入した平行定規の工夫。

バンドソーにはドリフトというものがあり、刃先と平行に材料を進めても、真っ直ぐな切断が出来ないとのこと。
そこで、フリーハンドで材料を真っ直ぐ切ってみて、どれ位ずれているのかを調べ、その角度に合わせて平行定規を修正します。
私の場合、購入した平行定規の穴を利用して、表面にMDFを追加して修正しました。
角度を変更する場合は、隙間に挟み込んでいるワッシャーの枚数を増減します。

構造は至って簡単・・・まずは平行定規の穴位置をMDFに写し取り、そこに羽根付ナットを埋め込みます・・・この時表面に段差が出来ないように座彫りを忘れずに。
あとは、M6のボルトで平行定規に取り付けるだけ。
角度の調整は、平行定規とMDFの間にワッシャーを何枚か挟み込んで行います。


トップへ
戻る